元文4年の水論

災害年月日
1739年07月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
元文4年(1739)6月、干ばつにより重信川の流水が減少したため、菖蒲堰の上堰側は堰を二重にして慣行の禁止事項である土砂でせき止めた。このため、下堰側はこの措置の不当を訴えて、北方村庄屋に抗議をした。しかし、上堰側も用水量が不足していたため、話し合いは進まず、下堰側の農民は堰を切り崩した。郡役人が仲介して五分五分に用水を折半するという提案があったが、下堰側は従来からの六分の分水率を主張して提案を拒否した。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、300-301頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 重信川 菖蒲堰
NO.
愛媛909

よく似た災害

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、干ばつにより重信川の流水が減少したため、菖蒲堰の上堰側は堰を二重にして慣行の禁止事項である土砂でせき止めた。このため、下堰側... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰の上堰を利用していた北方村が堰を二重にするとともに、中世以来の禁止条項を破って土砂を用いて取水を始めた。用水が枯渇した下堰... 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、干ばつのため、菖蒲堰の上堰側は高い堰で流水をせき止めたため、下堰側と水論となった。郡役人が仲介に入ったが、十分に解決することがで... 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、干ばつのため、菖蒲堰の上堰側は高い堰で流水をせき止めたため、下堰側と水論となった。郡役人が仲介に入ったが、十分に解決することがで... 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)6月30日、干ばつのため下堰側が請求した大落水について、上堰北方がその執行を遅らせたため、下堰側の農民数百人が堰に集結して、堰を切... 続きを読む