天明5年の水論

災害年月日
1785年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
天明5年(1785)、干ばつのため、菖蒲堰の上堰側は高い堰で流水をせき止めたため、下堰側と水論となった。郡役人が仲介に入ったが、十分に解決することができなかったため、翌年5月に奉行所手代重松儀兵衛らが調査して、分木を門樋に立てて、分水量を調整するようにした。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、301-302頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 重信川 菖蒲堰 分木
NO.
愛媛910

よく似た災害

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、干ばつのため、菖蒲堰の上堰側は高い堰で流水をせき止めたため、下堰側と水論となった。郡役人が仲介に入ったが、十分に解決することがで... 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、干ばつのため、菖蒲堰で水論が起こった。北方村が上堰をこれまでより高くして取水したため、下堰を利用する樋口・志津川・西岡3ヶ村が用... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、干ばつにより重信川の流水が減少したため、菖蒲堰の上堰側は堰を二重にして慣行の禁止事項である土砂でせき止めた。このため、下堰側... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、干ばつにより重信川の流水が減少したため、菖蒲堰の上堰側は堰を二重にして慣行の禁止事項である土砂でせき止めた。このため、下堰側... 続きを読む

天明6年の水論

天明6年(1786)、柿原川の今宮堰で、重松村と平岡村で水論。(「改訂五十崎町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む