昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、大干ばつ。冬期から降雨が少なく、植付期になっても降雨なく、各水利組合では会合を重ね、昼夜兼行で田植えの完了に努めた。7月20日頃には田植えが終わったものの、養い水なく、稲は枯死し、田は真っ白に亀裂を生じた。8月になっても穂水がなかったので、稲は黒く変色し、稔りに至らなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、118頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛926

よく似た災害

昭和6年の干ばつ

昭和6年(1931)、干害で田は真っ白になった。雨乞いが8月17日から9月16日までの31日間行われた。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月中の降雨量が平年の3分の1で、6月極端に少なく、田植え時期になっても、用水不足のため植え付け不能が続出した。8月20日現在で植... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)4月1日から6月25日まで雨が降らず、6月になっても領内で田植えが終わったものはわずかに4%にすぎなかった。 続きを読む

天明2年の強風・干ばつ

天明2年(1782)5月、強風により、麦は実る前にほとんど倒れて、収穫は反当2斗(30kg)にも足りなかった。田植えはできたが、この夏100以上干天が... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)2月頃から降雨がなく、5、6月になっても雨はなく、稲播種の養水を得ることができず、県下一円深刻な水飢饉の様相を呈した。数万町歩の田... 続きを読む