昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
愛媛県東温市(川内町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、干ばつ。この時、愛媛県への干ばつ見舞いとして、秋田県から米320俵、新潟県広瀬村の個人から米25俵を寄贈されたので、本村では割当3俵をいただき、罹災農家に配給した。翌15年3月、岩手県からも200俵の寄贈があり、本村へも2俵の割当があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町編「川内町誌」(川内町、1961年)、118頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 見舞い
NO.
愛媛927

よく似た災害

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)、日照り凶作のため、御公儀(松山藩)から550俵の給付があった。(「越智嶋旧記」による) 続きを読む

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)6月、空梅雨となり、田植えができずに稲作をあきらめて転作した農家もある。江原地区の吉野川に近いところでは、臨時に揚水ポンプを置い... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、地震(M7.25)により、松山で門、塀、古家倒れる。知行100石につき15俵の割合で出米を集め、御下米とした。 続きを読む