安政3年の干ばつ

災害年月日
1856年00月00日
市町村
愛媛県松前町、松山市
災害種類
渇水  
概要
安政3年(1856)、大干ばつのため、上井手の掘り浚えをめぐって徳丸村と森松村の間で紛争が起こったが、代官の取り計らいで和解をみた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松前町誌編集委員会編「松前町誌」(松前町、1979年)、223-224頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水論 上井手 徳丸 森松
NO.
愛媛983

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月・8月のかんばつで、山田上井仮堰への筵設置をめぐって紛争が起こった。 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)、干ばつのため、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に竹之窪水論が起こった。阿蔵村は慣例に従い、上流の平地村に対して竹之窪井関の水脈を... 続きを読む

文化6年の干ばつ

image

文化6年(1809)6月26日、干ばつのため、宇和島領平地村の竹之窪井堰で、新谷領阿蔵村と大洲領大洲村との間に水論が起こった。阿蔵村は慣例にしたがい上... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時、大地震が起こった。この日はすこぶる穏やかな無風の日で、3日前から海潮に変化が起こって毎日スズ波が続いていたがこ... 続きを読む