安政3年の干ばつ

災害年月日
1856年00月00日
市町村
香川県琴平町
災害種類
渇水  
概要
安政3年(1856)、干ばつにより丸亀藩領那珂郡上櫛梨村では村高の半分ほどの耕地が無水の状態となる。(「嘉永六年万日記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、331頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 上櫛梨村 嘉永六年万日記
NO.
香川390

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)は、明治27年以来の大干ばつであった。6月12日に梅雨に入り、6月26日に四ヶ池のゆる抜きで田植えが始まったが、神内池、松尾池、... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、干ばつにより、畑作物は枯死全滅の状態となった。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む

安政元年の干ばつ

安政元年(1854)、大干ばつにより、西讃では池は無水となる。新田村と栗井村の安政の水論。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「全讃史」による) 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、雨量が平年の半分で、干ばつ。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月11日から10月5日までの86日間で、雨が54.2ミリしか降らず、ひどい干ばつに見舞われた。主幹作物のみかんが全地区とも枯死... 続きを読む