文久元年の干ばつ

災害年月日
1861年06月16日
市町村
愛媛県内子町
災害種類
渇水  
概要
文久元年(1861)5月9日から毎日天気が続き、組々では雨乞いの祈祷などをたびたび行ったが、効果がなかった。そこで、7月8日に宇都宮神社で、大瀬、村前、五百木、城廻の4ヶ村が大雨乞いを行う取り決めをしていたところ、6日夕方から7日に降雨があったため、雨乞いは延期となったが、その後も日照りが続いたため20日に宇都宮神社で雨乞い千人踊りが行われた。翌21日、22日によい潤いがあり、組々ではお礼踊りを行った。(「五百木村城廻村永代記録」による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
内子町誌編纂委員会編「新編 内子町誌」(内子町、1995年)、150-152頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 宇都宮神社 雨乞い 五百木村城廻村永代記録
NO.
愛媛1016

よく似た災害

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月初旬以来、干天が続いた。郡中地方では6月23日、24日に戎社で雨乞い踊りを行い、7月2日には総村千人踊りの雨乞いを実施した。7... 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

image

嘉永6年(1853)、宇都宮神社で雨乞い惣踊り。(「五百木村城廻村永代記録」、「六日市永久録」、「高橋文書」等による) 続きを読む

文政2年の干ばつ

image

文政2年(1819)、旱天のため、5月4日に白峯寺で雨乞い祈願を行った。 続きを読む