昭和18年の長雨・豪雨

災害年月日
1943年06月00日
市町村
愛媛県伊予市(双海町)
災害種類
風水害  土砂災害  その他(長雨)  
概要
昭和18年(1943)6月~8月は60日近くも降雨があった。この間、7月21日から4日間豪雨が続き、農作物などに深刻な被害を与えるとともに、各河川の護岸などを決壊させ、海岸道路や鉄道及び河川沿いの道路は長期間不通となった。被害は、家屋の流失15戸、半壊11戸、畜牛市場建物2棟・下灘第二国民学校・倉庫1棟の流失、水田の流失1.5ha、堤防の崩壊3,060m、山林崩壊3.5ha、県道橋流失1箇所に及んだ。「富貴小学校誌」には、下灘第二国民学校が流出するまでの4日間の様子が伝えられている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
双海町誌編さん委員会編「双海町誌 改訂版」(双海町、2005年)、16-17頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 豪雨 堤防決壊 下灘第二国民学校 富貴小学校誌
NO.
愛媛1021

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、約60日に近い長雨を記録した。河川の被害は甚大で、富貴川、横松川等はそのまま放棄せざるを得なかった。被害は、家屋の流失15... 続きを読む

昭和19年の火災

昭和19年(1944)6月11日午前1時半頃、馬路村で出火。深夜で水利の便悪く、馬路国民学校ほか41戸が全焼。(高知新聞による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が決壊し、人家や田畑が流出するなど被害は甚大であった。下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半壊13... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月、暴風雨により、各河川の堤防が破られ、人家、田畑を押し流され、被害は甚大であった。旧下灘村の被害は、家屋の流失12戸、半潰1... 続きを読む