昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年07月00日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)7月から夏型の気圧配置となり、8月にかけて近年まれに見る干ばつとなった。愛媛県では特に東予、中予で著しく、農作物に多大の干害が出た。松山の降水量は7月24ミリ、8月34ミリであった。(「愛媛県史概説」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 愛媛県史概説
NO.
愛媛1150

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月~8月、干ばつが特に東予、中予で著しく、農作物に多大の干害が出た。 続きを読む

昭和28年の干ばつ

昭和28年(1953)7月23日から8月27日までの36日間に、中予及び東予では降水量20ミリ以下で、渇水のため飲料水が不足した所もあり、畑作及び夏か... 続きを読む

昭和6年の降雹

昭和6年(1931)5月28日、中予、北温地方では直径17ミリ前後のひょうが降り、農作物に多大の損害を受けた。 続きを読む

昭和33年3月の低温

昭和33年(1958)3月31日朝、冷え込みが強く、高松の最低気温は-3.5度となり、農作物に多大の被害があった。(高松地方気象台「異常気象速報」によ... 続きを読む

明治33年7月14日の豪雨

明治33年(1900)7月14日から20日にかけて、梅雨前線活動により連続降雨となった。特に15日は前線上に強雷雨が発生し、降雨が激しく、水害を受けた... 続きを読む