昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年07月00日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)7月~8月、干ばつが特に東予、中予で著しく、農作物に多大の干害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1178

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月から夏型の気圧配置となり、8月にかけて近年まれに見る干ばつとなった。愛媛県では特に東予、中予で著しく、農作物に多大の干害が出... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)夏、大干ばつにより、農作物に被害が出た。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日の雨量は、7月85ミリ、8月17.4ミリで大干ばつとなり、農作物に大きな被害が出た。60年来の大干ばつであっ... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日~8月30日の雨量は、6ミリ(「愛媛県史概説」による)で大干ばつとなり、農作物に大きな被害が出た。60年来の大干ばつであ... 続きを読む

昭和42年8月の干ばつ

昭和42年(1967)8月、33年ぶりの干害被害が出て、農作物などの被害総額は250億円を超えた。 続きを読む