昭和27年の干ばつ

災害年月日
1952年07月21日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
渇水  
概要
昭和27年(1952)7月21日~8月31日、全般に雨量が少なく、畑作で干害を受けた。日照りに苦しむ八幡浜山間部では真夜中に水くみをした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1180

よく似た災害

昭和27年の干ばつ

昭和27年(1952)7月21日~8月31日、干ばつにより、畑作は干害を受けた。日照りに悩む山間部では真夜中に水汲みをした。(「愛媛県史概説」による)... 続きを読む

延宝6年の干ばつ

延宝6年(1678)夏、干ばつ。虐をなして万民大いに苦しむ。(「松山叢談」による) 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)7月、干ばつにより半田村民、飲料水に苦しむ。(「堺屋記録」による) 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月~7月、干ばつ。真覚寺日記には「6月9日諸方雨乞の祈祷有という。近年未曾有の旱ばつ也、6月20日此頃の旱魃一宮近辺別して甚しく... 続きを読む

宝暦6年の台風

宝暦6年(1756)9月、暴風雨、傷禾。この頃、連年災害を受け、上下ともに苦しむ。(「蜂須賀家記」による) 続きを読む