宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震により、東海道から九州にかけて家屋倒壊。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、55頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震
NO.
愛媛1202

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、我が国地震史上最大級の地震が発生した。地震と津波の被害は東海道から九州に至り、全体で死者4,900人、潰家29,000... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震により、津波が房総から九州に至る太平洋岸を襲ったほか、瀬戸内海に入った。道後温泉が止まること145日。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月、地震により、家屋倒壊、土佐の死者1,、844人。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。牟岐100余人、浅川170人の死者。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。道後温泉の湧出が145日間止まる。 続きを読む