昭和26年の干ばつ

災害年月日
1951年07月21日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
渇水  
概要
昭和26年(1951)7月21日から、南予沿岸部では無降水27日間を記録し、相当の旱害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、58頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1215

よく似た災害

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月21日~8月16日、干ばつ。南予沿岸部では無降水27日間を記録し、相当の旱害を受けた。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録によ... 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月21日~8月16日まで、南予沿岸部では無降水日が゙27日間を記録し、水不足に悩まされ、甘藷その他の畑作は相当の干害を受けた。... 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月21日の梅雨明け後、夏型の晴天が持続し、南予沿岸部では8月16日まで無降水日が゙27日間を記録した。水不足のため、甘藷その他... 続きを読む

昭和28年1月の強風

昭和28年(1953)1月13日~15日、季節風により、県下の最大風速は25m/秒、波高2.5mを記録し、中予・南予の海岸一帯に相当の被害を受けた。 続きを読む

昭和17年の台風

昭和17年(1942)9月18日から19日に、台風の影響により、中予で降水量が250ミリを記録し、大水害を受けた。 続きを読む