昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月09日
市町村
愛媛県伊方町(瀬戸町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、がけ崩れ、耕地被害があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
瀬戸町誌編集委員会編「瀬戸町誌」(瀬戸町、1986年)、60頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 崖崩れ
NO.
愛媛1219

よく似た災害

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号により、住家の一部破損2棟、道路38箇所、がけ崩れ1箇所などの被害があった。被害額6,900万円。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、道路決壊、がけ崩れ、耕地の流失等の災害を受けた。山城町の降雨量は628.5ミリであった。 続きを読む

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月4日、台風23号により、三崎半島の海岸でがけ崩れがあった。佐田岬の最大風速は東南東40.4m/sであった。 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日の台風16号により、床下浸水8棟、田畑の流出・埋没0.5ha、冠水1ha、道路決壊16箇所、河川の氾濫など3箇所、がけ... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月14日、台風10号来襲、橘・当浜間県道でがけ崩れがあった。農作物の被害も大であった。 続きを読む