大正9年8月の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
愛媛県西予市(明浜町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風により、南予地方に特に雨量が多く、大山津波が起こり、多数の死者を出す。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
明浜町誌編纂委員会編「明浜町誌」(明浜町、1986年)、18頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山津波 死者
NO.
愛媛1262

よく似た災害

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、漁民出漁中の惨事で、多数の死者が出る。通路寸断、渡岸決壊流亡。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東... 続きを読む

大正2年の洪水

大正2年(1913)、大洪水により、田畑流失激甚。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

大正9年6月の豪雨

大正9年(1920)6月27日、豪雨により、八幡浜、宇和島方面に集中被害。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月14日~8月21日の38日間雨量なし、農作物被害多し。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風に伴う高潮のため、南予地方の水害甚大。(「明浜こぼれ話」、「愛媛県史」、「東宇和郡沿革史」等による) 続きを読む