大正9年6月の集中豪雨

災害年月日
1920年06月30日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)6月30日夜、集中豪雨となり、午後10時頃に本谷の中腹あたりで山津波が起こり、武者泊は土砂に埋まってしまった。暗闇の中で逃げ惑う人々の中には泥水に押し流される者もあり、大騒動となった。翌日午前3時頃に山津波はおさまり、夜明け頃には集中豪雨も止み、青空がのぞいた。武者泊は50戸のうち48戸が被災するほどの大災害を受けたが、不思議なことに一人の死者も出さなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
西海町誌編集委員会編「西海町誌」(西海町、1979年)、472-475頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 山津波 武者泊
NO.
愛媛1401

よく似た災害

昭和41年5月の集中豪雨

昭和41年(1966)5月20日から集中豪雨により、県東部に惨禍となり、室戸から佐喜浜にかけて国道55号が寸断された。各所で山津波により学校、民家が土... 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、集中豪雨により、被害額7億円。(香川県の災害記録)/小豆島で山津波が発生。 続きを読む

大正15年の集中豪雨

大正15年(1926)7月5日頃からの集中豪雨により、内川は増水し始め、7日朝3時頃には天神橋下の筧樋が濁流に流されそうになった。このため、水利組合の... 続きを読む

昭和41年の集中豪雨

昭和41年(1966)5月22日、集中豪雨のため椎名の崩れ谷に山津波が起こり、明け方には国道を埋め尽くして海に至った。人家5軒が埋没し、椎名小学校も裏... 続きを読む

大正15年の集中豪雨

大正15年(1926)7月6日、集中豪雨。 続きを読む