大正9年6月の集中豪雨

災害年月日
1920年06月30日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
土砂災害  
概要
大正9年(1920)6月30日夜、集中豪雨となり、西外海村の武者泊で山津波が起こった。翌日午前3時頃に山津波は収まり、夜明け頃には集中豪雨も止んだ。武者泊は50戸のうち48戸が被災するほどの大災害を受けたが、1人の死者も出なかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、355-356頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 武者泊 山津波
NO.
愛媛9153

よく似た災害

大正9年6月の集中豪雨

大正9年(1920)6月30日夜、集中豪雨となり、午後10時頃に本谷の中腹あたりで山津波が起こり、武者泊は土砂に埋まってしまった。暗闇の中で逃げ惑う人... 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

昭和47年(1972)9月15日、集中豪雨により、南国市の国分川流域が被災。 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、集中豪雨により、被害額7億円。(香川県の災害記録)/小豆島で山津波が発生。 続きを読む

昭和41年5月の集中豪雨

昭和41年(1966)5月20日から集中豪雨により、県東部に惨禍となり、室戸から佐喜浜にかけて国道55号が寸断された。各所で山津波により学校、民家が土... 続きを読む

大正15年の集中豪雨

大正15年(1926)7月6日、集中豪雨。 続きを読む