安政2年の干ばつ

災害年月日
1855年00月00日
市町村
愛媛県宇摩地方
災害種類
渇水  
概要
安政2年(1855)、宇摩地方は大干ばつに見舞われた。井戸は涸れ、池も底をついた。農民たちは雨乞いをしたが効果はなく、峰一つ越した銅山川に流れている水を引き入れることができればと考えた。そこで、三島・中曽根・松柏・妻鳥の庄屋たちが立ち上がり、連名で三島代官所に「大川河水利用もくろみ書」を差し出した。これはノミと鍬で法皇山脈をくり抜こうとするもので、代官から一蹴されたが、銅山川疏水の着想はこの時が始まりとなった。銅山川からの通水が開始されたのは昭和25年(1950年)であった。
Googleマップ
備考
銅山川疏水の完成を記念して、疏水記念公園(戸川公園)に頌徳碑が建立されている。また、三島公園には銅山川疎水功労者頌徳碑などが建立されている。
参考画像

参考文献
森実善四郎「銅山疏水小史」(秋田忠俊編「伊豫史談 第189~191合併号」伊豫史談会、1968年)、115-121頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 宇摩地方 銅山川疏水 庄屋 大川河水利用もくろみ書
NO.
愛媛1480

よく似た災害

安政2年の干ばつ

image

安政2年(1855)、宇摩郡は大干ばつに見舞われ、農民は三島神社、黒蔵淵、水波の峯に出かけて雨乞いをした。庄屋たちは連名で、大川河水利用工事もくろみ書... 続きを読む

安政2年の干ばつ

image

安政2年(1855)、大干ばつとなった。この年、三島、中曽根、松柏等の庄屋たちが、銅山川の分水を三島の代官所(今治藩領)に願い出た。 続きを読む

安政2年の干ばつ

image

安政2年(1855)、大干ばつに際して、三島・中曽根・松柏村の庄屋らが今治藩三島代官所に、銅山川の水を宇摩平野の導水することを請願した。 続きを読む

安政3年の干ばつ

安政3年(1856)、大干ばつのため、上井手の掘り浚えをめぐって徳丸村と森松村の間で紛争が起こったが、代官の取り計らいで和解をみた。 続きを読む

安政3年の干ばつ

安政3年(1856)、郡中地方だけが雨に恵まれなかった。村々では7月8日から8月9日にかけて、伊予岡八幡神社や谷上山宝珠寺などに祈祷を依頼したが、効験... 続きを読む