宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震により、津波が房総から九州に至る太平洋岸を襲ったほか、瀬戸内海に入った。道後温泉が止まること145日。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、204頁及び225頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 津波 道後温泉
NO.
愛媛1615

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、大地震。道後温泉の湧出が止まる。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、諸国大地震、道後温泉の湧出止まる。翌年4月1日湧出。 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、道後温泉止まる。宇和島に高潮侵入、領主一族出邸避難す。 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、大地震で道後温泉の湧出が止まり、湯神社などに祈祷を命じた。(「垂憲録」「垂憲録拾遺」による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1.8~2m程度、愛媛県で1~2m程度であったと推定される。この論文で... 続きを読む