大正5年の地震

災害年月日
1916年08月06日
市町村
愛媛県宇摩郡
災害種類
地震・津波  
概要
大正5年(1916)8月6日、燧灘を震源とするM5.7の地震により、宇摩郡で負傷者1人、落石あり、林道及び埋没地に細い亀裂が生じた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、225頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震
NO.
愛媛1652

よく似た災害

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月~9月、58日間干天が続き、山田に亀裂が生じた。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月~8月、60日間の大干天で水田に亀裂が生じた。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和43年の宇和島地震

昭和43年(1968)、宇和島地震により、町民運動場に亀裂が生じた。(震度5) 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月7日から9月3日までの58日間干天が続き、山田に亀裂が生じた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月25日から8月21日にかけて、60日間の大干ばつにより、水田に亀裂が生じた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む