大正5年の地震

災害年月日
1916年08月06日
市町村
愛媛県四国中央市(土居町)
災害種類
地震・津波  
概要
大正5年(1916)8月6日、地震により、宇摩郡関川村地方に被害があり、長さ数百間の地割れが生じ、山腹より落石多し、軽傷1人。
Googleマップ
備考
原資料では大正5年8月2日となっているが、8月6日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷺坂清信「歴史時代における四国地方の地殻変動について(第一報)」(四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第一輯」四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会事務局、1949年、所収)、8頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震 関川村 地割れ 落石
NO.
愛媛1963

よく似た災害

大正5年の地震

大正5年(1916)8月6日、燧灘を震源とするM5.7の地震により、宇摩郡で負傷者1人、落石あり、林道及び埋没地に細い亀裂が生じた。 続きを読む

平成13年の芸予地震

平成13年(2001)3月24日、芸予地震により、仁淀村では家屋の壁の一部にひび割れが生じた程度の被害であった。 続きを読む

昭和40年の地すべり

昭和40年(1965)6月から7月にかけての連続降雨277ミリにより、7月7日早朝に肥土山地区西部一帯に13haに地割れが発生した。この地割れは、9月... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月~8月、60日間の大干天で水田に亀裂が生じた。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

昭和40年の肥土山の地すべり

昭和40年(1965)6月から7月にかけての277ミリの連続降雨により、肥土山地区13haに地割れが発生した。この地割れは、9月10日の台風23号に伴... 続きを読む