昭和35年のチリ地震津波

災害年月日
1960年05月23日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和35年(1960)5月23日、M8.5のチリ南部沖の地震により、主に御荘町、津島町などで被害が出た。愛媛県の被害は床上浸水5戸、床下浸水168戸、水田の流失・埋没1ha、水田冠水31ha、畑冠水3ha、堤防決壊1箇所等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、209頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
チリ地震 津波 堤防決壊
NO.
愛媛1662

よく似た災害

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震による津波が襲来した。この津波は突然だったので、大きな被害をもたらした。橘町では床上浸水774戸、流失家屋6... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分頃、南米チリ沖で大地震が発生し、24時間後の24日早朝に津波が日本全域の太平洋岸に来襲した。本県に津波の第一... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月24日午前3時40分頃、南米チリ沖で発生した大地震による津波の第一波が到達した。第二波は4時55分頃で、その後津波は第十波を... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

image

昭和35年(1960)5月24日午前3時40分頃、南米チリ沖で発生した大地震による津波の第一波が到達した。第二波は4時55分頃で、その後津波は第十波を... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月23日4時11分頃、南米のチリ沖で大地震が発生し、津波が24時間後に日本の太平洋岸に来襲した。本県に津波の第一波が来たのは、... 続きを読む