昭和32年の台風7号

災害年月日
1957年08月19日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和32年(1957)8月18日~21日、台風7号により降雨があり、山岳地帯では連続雨量600ミリを超え、日雨量300ミリを記録した。このため、東予の各河川は警戒水位に達し、山間部の道路は甚大被害を受けた。被害は家屋の床下浸水12戸、田の冠水2ha、道路破損9箇所、山・崖崩れ28箇所であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県土木部編「土木十年史」(愛媛県、1962年)、254頁及び261頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
愛媛1699

よく似た災害

昭和61年7月の豪雨

昭和61年(1986)7月11日~13日、梅雨前線の活動が活発化し、高知県中部、東部及び西部の山間部を中心に雷を伴う大雨となった。須崎市では11日に最... 続きを読む

昭和30年8月の大雨

昭和30年(1955)8月29日~30日、低気圧の東進に伴い強雨が中部、東部の山間部に集中した。29日の雨量は天坪252ミリ、地蔵寺235ミリを記録し... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月12日~14日の台風12号により、佐田岬で最大瞬間風速が50.2m/秒を記録し、雨は宇和島で300ミリを超え、山間部では40... 続きを読む

昭和39年の台風14号

昭和39年(1964)8月23日~24日、台風14号。雨は21日より降り始め、23日北西山間部で250~350ミリ、総雨量は400ミリを越えた。風は2... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号に伴う集中豪雨により、降雨量は305.5ミリに達した。被害は床上浸水1,520戸、床下浸水2,011戸、家屋の... 続きを読む