寛政2年の干ばつ

災害年月日
1790年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
寛政2年(1790)、干ばつのため、松山藩で被害は74,500石余に及んだ。
Googleマップ
参考文献
町誌編集委員会編「ふるさと北土居のあゆみ」(町誌編集委員会、2008年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1720

よく似た災害

寛政9年の干ばつ

寛政9年(1797)、大干ばつのため、小豆島で被害大。 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)7月、干ばつにより、松山藩で米の被害が7,450石に及び、藩庁では領民に対して倹約を続けるように命じた。木浦村では「この年(寛政2... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)夏、干ばつ。12月23日、御領分、当夏の干ばつのため、田畑不熟、御損毛74,508石の御届あり。(「松山叢談(某家記)」による) 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、大干ばつのため、松山藩では雨乞い大踊りを行った。(「災害の歴史」、「愛媛社会経済年表」、その他郷土資料による) 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)、大干ばつのため、小豆島の被害大。 続きを読む