昭和54年8月の斜面崩壊

災害年月日
1979年08月27日
市町村
愛媛県久万高原町(柳谷村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和54年(1979)8月27日12時55分、柳谷村の国道33号で約1,000立米の斜面崩壊があった。崩壊後の現場の写真が掲載されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局松山工事事務所編「一般国道33号柳谷地区における斜面崩壊の記録」(建設省四国地方建設局松山工事事務所、1982年)、1-18頁及び84-86頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
斜面崩壊 柳谷村 国道33号 写真
NO.
愛媛1844

よく似た災害

昭和54年7月の斜面崩壊

昭和54年(1979)7月20日9時30分、柳谷村の国道33号で約3,000立米の斜面崩壊があり、路面を約30mにわたって閉塞したため、国道33号は1... 続きを読む

昭和27年のダイナ台風

昭和27年(1952)6月22日~23日、ダイナ台風来襲。正渕(しょうぶち)井堰と大宮荒井井堰が決壊。決壊後の写真が掲載されている。 続きを読む

大正4年の大火

大正4年(1915)1月8日、久礼町で大火、230戸が焼失した。被災後の写真が掲載されている。 続きを読む

昭和27年7月の大雨

昭和27年(1952)7月2日午前7時頃、大雨により、大宮荒井井堰が決壊し、井堰の東川岸が崩壊。被災の写真が掲載されている。 続きを読む

大正元年の洪水

image

大正元年(1912)、洪水。山瀬小学校南川の螢川沿いに洪水碑が建っており、この付近で8尺7寸(約2.6m)の浸水があったことを今に伝えている。碑の写真... 続きを読む