昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県南宇和郡
災害種類
地震・津波  高潮  
概要
昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、南宇和郡では大きな被害はない。復旧査定額を見ると、上浮穴郡を除けば愛媛県で一番少ない。南宇和郡の被害額は8億38万円余であり、このうち9割5分に当たる7億6,092万円は漁港の被害である。内海村字柏の変動量は0で、高知県幡多郡宿毛町の沈下量は11cmになっている。西宇和郡以南、宇和海に面する一帯は地盤の関係か沈下が割合に小さく、加えて平地部が少ないので一般に被害は少ないようである。
Googleマップ
備考
この調査報告は昭和25年度までに行った現地調査に基づくものである。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
四国地方経済復興開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第九集(災害並復旧状況)」(建設省中国四国地方建設局四国地方地盤変動調査専門委員会、1951年)、23頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 高潮
NO.
愛媛1981

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による北宇和郡の沈下量は見当が立たない。すなわち吉田町は15cm、宇和島市は26~29cm、岩松町は2cm... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による東宇和郡の沈下量は、八幡浜市16cm、吉田町15cmから15~19cmと推察される。東宇和郡の被害は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、丸亀市の沈下量は約37cmに及び、地震による破壊家屋5戸に対して、沈下による浸水家屋は345戸に達... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、香川郡の沈下量は約30cmであった。地震以後昭和25年までの被害は、床下浸水家屋約300戸、農耕地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、長浜の沈下量は28cmであった。喜多郡はほとんど海岸に平地がなくわずかに長浜町及び櫛生村字櫛生、出... 続きを読む