大正9年・10年の干ばつ

災害年月日
1920年00月00日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
渇水  
概要
大正9年(1920)及び大正10年(1921)、大干ばつ。2年連続の大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、農民の声となった。その農民の熱意が実り、豊稔池が大正15年に着工、5年の年月と15万人の労力を投入して昭和5年に完成した。
Googleマップ
備考
豊稔池には石碑が建立されている。
参考画像
参考文献
観音寺の姿編集委員会・観音寺市教育委員会編「観音寺のすがた」(観音寺の姿編集委員会・観音寺市教育委員会、2007年)、126頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 豊稔池
NO.
香川308

よく似た災害

大正9年の干ばつ

image

大正9年(1920)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は大... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、大干ばつ。大正9年と大正13年の二度にわたる大干ばつにより、近代式のため池の必要性が高まり、豊稔池の築造につながった。豊稔池は... 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、大干ばつ。この年と昭和4年の大干ばつにより、堰堤築造の機運が盛り上がり、昭和7年には内場池期成同盟が発足した。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む

弘仁10年の干ばつ

弘仁10年(819)、讃岐では大干ばつのため、農民の困窮がひどかった。 続きを読む