文政6年の干ばつ

災害年月日
1823年00月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
渇水  
概要
文政6年(1823)、大干ばつで稲等の秋作物が枯れ、大凶作となる。(渡辺家「御用日記」及び長谷川家「覚書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、330頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 渡辺家の御用日記 長谷川家の覚書
NO.
香川389

よく似た災害

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)夏、大干ばつが起こり、大凶作となった。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)4月、5月に雨が少なく、田植えが遅れた。夏も大干ばつで、8月、9月の大風雨によって大凶作となった。 続きを読む

元禄14年の干ばつ

元禄14年(1701)4月から6月まで干ばつ。近郷の天水の村々は、稲が枯れて不作となった。(小野家資料による) 続きを読む

天明4年の洪水・干ばつ

天明4年(1784)、洪水、干ばつにより不作となった。天明の大凶作・飢饉。(「田野村誌」等による) 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)、干ばつのため稲の植え付けのできないところが多く、損毛高は116,258石余に及び、最大の凶作となった。この間、家中、郷町でも雨乞... 続きを読む