昭和51年の集中豪雨

災害年月日
1976年09月08日
市町村
香川県小豆島町(池田町、内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月10日から12日にかけて、台風17号が停滞し、記録的な豪雨をもたらした。8日の降り始めから13日までの雨量は、四方指(池田町)で1,400ミリに達した。年間雨量に相当する雨が6日間に降ったことになる。このため、昭和49年災害ではほとんど被害を受けなかった池田町では、池田大池の決壊や谷尻地区の山津波などが発生し、死者28人という被害が出た。昭和49年災害で大きな被害を受けた内海町では、教訓が生かされて住民避難が迅速に行われた地区もあったが、7人の犠牲者が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小豆島町編「小豆島 災害の記憶」(小豆島町、2014年)、52-91頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 集中豪雨 土砂災害 死者 教訓
NO.
香川5980

よく似た災害

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日の集中豪雨のため、室生峠が土砂で埋没し、内海町西村地区の各所では山崩れ・地崩れ、安田では三五郎池の決壊等によ... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨があり、大きな被害を受けた。雨量は127ミリ(宮浦中学校調べ)で、宮浦明治川が午後5時30分に決壊し、新地地区... 続きを読む

昭和49年の集中豪雨

昭和49年(1974)7月6日から7日にかけて、台風8号が梅雨前線を刺激して、四国地方は大雨となった。内海町の太陽の丘では、6日9時から7日9時までの... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、大西町や玉川町などを襲った局地的集中豪雨は、1日雨量が200ミリに達し、山崩れやがけ崩れが多発し、河川の氾濫や堤防決壊... 続きを読む

昭和54年の集中豪雨

昭和54年(1979)6月17日から7月1日までの雨量は480ミリ、山間部では600ミリを超えた。特に6月30日には1時間当たり100~150ミリの集... 続きを読む