昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月10日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51(1976)9月10日夜から12日午前にかけて台風17号が東シナ海の南西諸島付近に停滞したため、四国地方は長時間にわたり大雨となった。須崎市では9月10日~12日の雨量が448ミリを記録し、この間に浦ノ内塩間でがけ崩れ、上分首永~寺尾間の国道197号ががけ崩れにより通行不能になったほか、各所で河川が氾濫し道路が冠水した。床下浸水は原町20戸、栄町8戸、南10戸、吾桑20戸、浦ノ内1戸などで、73世帯213人が避難した。農林水産被害は水稲49ha、秋野菜50haなど被害総額は約2億500万円にのぼった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、246頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 土砂災害 国道197号 通行不能
NO.
高知5559

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月14日、台風10号が来襲し、安田~福田間でがけ崩れのため道路不通となった。西村では農作物に被害があった。 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日の台風16号により、床下浸水8棟、田畑の流出・埋没0.5ha、冠水1ha、道路決壊16箇所、河川の氾濫など3箇所、がけ... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号により、住家の一部破損2棟、道路38箇所、がけ崩れ1箇所などの被害があった。被害額6,900万円。 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月17日午後、台風19号が四国沖を北東進した。また、山陰沖に停滞していた秋雨前線が台風の北上に伴い活発化したため、高知県では17... 続きを読む

昭和27年の台風

昭和27年(1952)6月19日と7月3日に台風に伴う集中豪雨があり、田畑は冠水、がけ崩れ、道路破損があった。 続きを読む