昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風13号により四国地方は大雨が降り続いた。豪雨に見舞われた高知市では13日午後1時までに雨量が1,305ミリに達し、鏡川が4箇所で決壊し、ほぼ全市が濁流で浸水したため、高知市長は異例の非常事態宣言を出した。須崎市でも10日~12日の雨量は448ミリに達し、10日には浦ノ内塩間で崖崩れが発生、11日には久通のお宮の石垣が崩れ、12日には上分下横川で裏山が崩れ、上分首永・寺島間の国道197号で崖崩れが発生するなどした。床下浸水は59戸余となった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、113-114頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 崖崩れ 国道197号
NO.
高知918

よく似た災害

昭和47年の比島災害

image

昭和47年(1972)9月、台風20号により総雨量が569ミリに達し、高知市比島でがけ崩れが発生した。被害は死者10人、全半壊家屋10戸に及んだ。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号により、小豆島、東讃を中心に豪雨となり、小豆郡内海町では日雨量790ミリ、総降雨量1,32... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号が九州南西海上に停滞したため、記録的な豪雨をもたらした。8日~13日の降雨量は内海町四望頂で1,37... 続きを読む

昭和41年の集中豪雨

昭和41年(1966)5月21日、高知県東部を中心とした集中豪雨により、室戸市佐喜浜で時間雨量91ミリ、日雨量694ミリに達した。室戸市椎名から佐喜浜... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日までの6日間の雨量は、台風17号の影響で、1,376ミリに達した。特に11日には内海町の日雨量が819ミリを記... 続きを読む