平成3年の台風17号

災害年月日
1991年09月13日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成3年(1991)9月14日午前5時半頃、台風17号が長崎市付近に上陸し、その後急速に勢力を弱めつつ山陰、北陸を通過した。高知県は13日から14日にかけて大雨となり、須崎市でも雨量は150ミリを超え、市内1箇所でがけ崩れが発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、251頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂災害
NO.
高知5578

よく似た災害

平成15年5月の大雨

平成15年(2003)5月13日に東シナ海で発生した低気圧が翌14日夜遅くにかけて四国南岸を東進した。これに伴い、高知県の南東斜面を中心に激しい雨とな... 続きを読む

平成3年の台風19号

平成3年(1991)9月27日午後4時過ぎ、台風19号が長崎県佐世保市の南に上陸した。高知県では26日、秋雨前線が活発化し、同日夕から27日にかけて大... 続きを読む

平成25年4月の大雨

平成25年(2013)4月6日から7日にかけて2つの低気圧が日本海と本州南岸を発達しながら北東進したため、6日から8日にかけて九州から北海道にかけての... 続きを読む

昭和61年8月の豪雨

昭和61年(1986)8月22日から24日早朝にかけて、高知県西部や中部を中心に大雨となり、須崎市では22日に24時間降水量105ミリの大雨が降った。... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月17日午後、台風19号が四国沖を北東進した。また、山陰沖に停滞していた秋雨前線が台風の北上に伴い活発化したため、高知県では17... 続きを読む