平成10年の台風7号

災害年月日
1998年09月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
平成10年(1998)9月24日午後1時過ぎ、台風7号が和歌山県御坊市付近に上陸し、近畿地方を北上し、夜半に日本海へ抜けた。高知県では集中豪雨となり、今日では「高知豪雨」と呼ばれる。須崎市では24日午後8時から25日午後10時までの雨量が460ミリに達した。特に24日午後8時からの1時間降水量125.5ミリは、須崎市で観測された1時間雨量の最高記録となった。須崎市の被害は負傷者2人、住家の全壊1棟、一部損壊6棟、床上浸水69棟、床下浸水185棟などに及び、被害総額は38億551万円余に達した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、253-255頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高知豪雨
NO.
高知5590

よく似た災害

平成5年10月の大雨

平成5年(1993)10月28日から29日にかけて、東シナ海から移動してきた低気圧が発達しながら西日本の日本海側を通過し、29日午後6時40分に高知県... 続きを読む

平成5年11月の大雨

平成5年(1993)11月12日、日本の東海上の高気圧の縁に沿って暖湿気が流入し、大気の不安定な状態が続いていた。13日には南海上の熱帯低気圧が北上、... 続きを読む

平成15年5月の大雨

平成15年(2003)5月13日に東シナ海で発生した低気圧が翌14日夜遅くにかけて四国南岸を東進した。これに伴い、高知県の南東斜面を中心に激しい雨とな... 続きを読む

平成11年7月の豪雨

平成11年(1999)7月26日から27日にかけて台風5号が沖縄から九州の西海上を朝鮮半島に向けて北上し、28日に熱帯低気圧となったが、29日まで停滞... 続きを読む

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月17日午後、台風19号が四国沖を北東進した。また、山陰沖に停滞していた秋雨前線が台風の北上に伴い活発化したため、高知県では17... 続きを読む