寛延3年の干ばつ

災害年月日
1750年08月00日
市町村
香川県観音寺市(豊浜町)
災害種類
渇水  
概要
寛延3年(1750)7月から8月にかけて、旱天。8月から9月にかけ、牛馬の悪疫が流行して4千余頭が死んだ。8月6日、高松藩、倹約令を出した。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
豊浜町誌編集委員会編「豊浜町誌」(豊浜町、1974年)、1169頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 倹約令
NO.
香川545

よく似た災害

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)夏から秋にかけて、干ばつ。117,000余町の稲作枯死。収納米が47,000石余減った。10月、丸亀藩は倹約令を出した。(「香川県... 続きを読む

文化6年の干ばつ

文化6年(1809)6月から9月にかけて、大干ばつ。藩主から倹約令が出された。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等によ... 続きを読む

寛政9年の干ばつ

寛政9年(1797)7月から閏7月にかけて、大干ばつ。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む

寛保2年の洪水

寛保2年(1742)6月、大風、洪水。用度不足のため、非常倹約令を出した。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による)... 続きを読む

寛保元年の風雨

寛保元年(1741)7月22日~23日、大風雨。東讃で民家2千戸倒壊。藩主、倹約令を出した。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気... 続きを読む