昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県西条市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日の地震により、禎瑞新田で家屋の倒壊、一部堤塘の崩壊、潮水の噴出、地盤沈下等があった。禎瑞地区の地盤沈下は約20cmであった。このため、客土工事が行われたが、工事が完了したのは地震発生から45年後の昭和45年であった。
Googleマップ
備考
嘉母神社境内に客土記念碑が建立されている。
参考文献
大本敬久「愛媛県における災害の歴史と伝承-地震・津波・水害を中心に-」(愛媛県歴史文化博物館編「研究紀要第21号」2016年)、84-85頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 禎瑞新田 地盤沈下 客土工事
NO.
愛媛9126

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により塩田堤防と製塩施設は未曾有の損害を被った。また、地盤沈下は30~40cmに達し、台風、高潮に備えて嵩... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、南予から東予地方にかけて40~80cmの地盤沈下をきたし、吉田町でも被災した海岸地区の高潮対策とし... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震。地盤沈下のため、海岸保全工事が必要となった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、紀伊水道を震源とする南海地震が発生した。地震による大津波や地盤沈下などが起き、特に鳴門市域の塩田地帯では大きな被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海沖でM.81の大地震が発生した。県下では、21日午前4時19分頃、震度4~5の地震に襲われた。この時、北条... 続きを読む