昭和13年の日照不足

災害年月日
1938年05月00日
市町村
徳島県
災害種類
その他(日照不足)  
概要
昭和13年(1938)5月~8月、陰曇、少照のため、麦作に相当悪影響を及ぼした。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、82頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
日照不足
NO.
徳島7968

よく似た災害

昭和13年の日照不足

昭和13年(1938)5月~8月、陰曇、少照のため、麦作に相当悪影響を及ぼした。 続きを読む

昭和13年の日照不足

昭和13年(1938)5月~8月、陰曇、少照のため、麦作に相当悪影響を及ぼした。 続きを読む

昭和48年の日ノ浦山災害

昭和48年(1973)8月、突如、日ノ浦山が東西50m、高さ80mに渡って大崩壊し、県道は完全に通行不能となった。さらにその半月後に山腹の土砂が崩れた... 続きを読む

大正3年~4年の多雨

大正3年(1914)、前年11月、12月は多雨少照で、本年に入ってもその傾向があり、気温も高めで、麦作に影響が大きく、大麦、裸麦、小麦は明治36年以来... 続きを読む

大正3年~4年の多雨

大正3年(1914)、前年11月、12月は多雨少照で、本年に入ってもその傾向があり、気温も高めで、麦作に影響が大きく、大麦、裸麦、小麦は明治36年以来... 続きを読む