明治45年の干ばつ

災害年月日
1912年00月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
明治45年(1912)春から梅雨季にかけ雨量甚だ少なく、農作物の被害大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、500頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川804

よく似た災害

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)6月初旬から8月21日まで干ばつ、農作物の被害大であった。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)7月~9月、58日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治23年の干ばつ

明治23年(1890)7月~8月、60日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治37年の干ばつ

明治37年(1904)7月~9月、干天少雨のため、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、春から降雨少なく、8月にわか雨程度で135日余りほとんど雨なく、惨状甚だしかった。 続きを読む