昭和35年の台風16号

災害年月日
1960年08月29日
市町村
香川県内海町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和35年(1960)8月29日、台風16号来襲。オリーブの被害大、家屋、道路、船舶、山崩れ等の被害も大であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川野正雄編「内海町史」(内海町、1974年)、508頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
香川817

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月14日、台風10号来襲、橘・当浜間県道でがけ崩れがあった。農作物の被害も大であった。 続きを読む

昭和35年の台風10号

昭和35年(1960)8月29日、台風16号の影響で、オリーブの被害が甚大であった。 続きを読む

昭和6年の台風

image

昭和6年(1931)9月18日暴風雨、島一帯被害大。特に福田村に集中豪雨、山津波が起こった。死者5人、重軽傷者15人、家屋流失17戸、倒壊・半壊45戸... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号により、重清村では中島地区を中心に、住宅の全壊7戸、半壊9戸、流失3戸、床上浸水139戸、水田流失3町歩、... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月24日、大洪水により、田畑の被害大であった。城辺町では僧都川の堤防決壊により被害大で、一本松町からも復旧の救援に向かう。 続きを読む