万延元年~文久元年の干ばつ

災害年月日
1860年00月00日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
渇水  
概要
万延元年(1860)~文久元年(1861)の干ばつにより、特に小豆島東部で生活困窮者が続出した。内海地区の各村では住民8,734人の41%にあたる3,584人が、また福田・吉田の両村では住民1,082人の30%にあたる323人が、成人男子1人当たり1日4合、老人・婦女子1人当たり1日2合の割合で、幕府の貯蔵もみを借用して急場をしのいだ。
Googleマップ
参考文献
福田村誌編集委員会編「福田村誌 葺田の里」(福田地区自治連合会、2005年)、153頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 生活困窮 貯蔵もみ
NO.
香川824

よく似た災害

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月22日より7月1日まで、雨降らず。天保3年以来の干ばつ。水が来ている村では、稲の成育よし。(「宮崎文書」による) 続きを読む

応安2年/正平24年の降雹

応安2年/正平24年(1369)9月10日、ひょう降り、人にあたり死人が出た。(神恵院蔵の「弘化録」による) 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)、小豆島で長雨により、草加部村、大部村、福田村では作物成育せず。 続きを読む

万延元年8月の豪雨

万延元年(1860)8月5日から3日間、豪雨により、吉野川の堤防が切れ、川内などでは天井に達する濁水となり、35人が水死し、収穫皆無となった。 続きを読む

万延元年の洪水

万延元年(1860)5月11日、7日間の大雨により洪水、阿波全土が大半浸水、破堤各所にあり。(「板野郡史」による) 続きを読む