平成22年7月の大雨

災害年月日
2010年07月13日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
平成22年(2010)7月13日~14日、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空港が流れ込んだため、県南部を中心に大雨となった。13日~14日の総降水量は美波町日和佐で2795.ミリを観測した。がけ崩れが三好市1箇所、阿南市1箇所、つるぎ町1箇所、JR牟岐線で一部運転見合わせ、道路通行止め16箇所の影響が出た。
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、2017年)、420頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨
NO.
徳島8243

よく似た災害

平成20年6月の大雨

平成20年(2008)6月28日~29日、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込んだため、徳島県南部では大雨となった。28日~29日の総降水... 続きを読む

平成20年4月の大雨

平成20年(2008)4月9日~10日、四国の南岸を低気圧が通過し、南部の一部地域で大雨となった。10日の日降水量は美波町日和佐で210.5ミリを観測... 続きを読む

平成15年7月の大雨

平成15年(2003)7月18日~19日、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流入し、徳島県の南部沿岸部で断続的に激しい雨が降った。18日~19日の総... 続きを読む

平成24年7月の大雨

平成24年(2012)7月12日、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が入り、県南部を中心に大雨となった。美波町日和佐では日降水量216.0ミリを... 続きを読む

平成2年5月の大雨

平成2年(1990)5月7日、低気圧が四国を通ったため、県南部を中心に大雨が降り、山崩れや崖崩れが発生した。総降水量の最大値は阿南市蒲生田で122ミリ... 続きを読む