昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
徳島県北島町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)の南海地震では、立って歩けないほどの揺れで、北島南小学校の講堂が倒壊、住居や納屋が倒壊、地面に亀裂や液状化、堤防にひびが入るなどの被害があったが、火災は発生しなかった。(平成24年に北島町教育委員会が町内で行った聞き取り調査による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
北島町史続編編さん委員会編「北島町史 続編」(北島町、2018年)、362-363頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 家屋倒壊 液状化 聞き取り調査
NO.
徳島8273

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時頃、大地震が発生した。その後、高知市、須崎、久礼では津波に見舞われ、中村では火災も発生するなどして、県下のほ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、大地震が発生し、全町2,000余の家屋のほとんどを全半壊させるとともに、地震後の火災により町が焼き尽... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)、M8.4の安政南海地震が発生した。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史史料をもとに、地震被害を抽出、再整理... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知県内で、死者670人、負傷者1,836人、行方不明9人、住宅の全壊4,834戸、半壊9,0... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島潮岬沖を震源とするM8.0の南海地震が発生した。「阿南市史」(昭和42年版)によると、阿南市... 続きを読む