平成30年7月の梅雨前線による大雨

災害年月日
2018年07月07日
市町村
愛媛県宇和島市、西予市
災害種類
土砂災害  
概要
平成30年(2018)7月、梅雨前線の降雨により、国道56号では斜面崩壊や土砂流出などが発生し、7日より宇和島市高串~西予市宇和町伊賀上間13.5kmが通行止めとなった。通行止めは徐々に解除され、16日にはすべての区間で解除となった。
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所編「斜面崩壊等による国道56号の通行止めについて」(国土交通省四国地方整備局大洲河川国道事務所、2018年)
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
梅雨前線 斜面崩壊 国道56号 通行止め
NO.
愛媛9143

よく似た災害

平成30年7月の梅雨前線による大雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線により大雨が続き、肱川橋上流域平均総雨量は4日22時~7日14時の累計で367.4ミリに達し、大洲第二水位観測所(... 続きを読む

平成30年7月の梅雨前線による大雨

平成30年(2018)7月、梅雨前線により大雨が続き、肱川橋上流域平均総雨量は7日10時までの累計で360.5ミリを記録した。8時54分に阿蔵地区、8... 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)、台風19号に伴う崖崩れなどにより、野村西谷線が通行止めとなり、落石事故により、死者1人が出た。明間野村間も通行止めとなった。(... 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

昭和60年8月の大雨

昭和60年(1985)8月12日、所々で積乱雲が発達し、徳島市から海部郡、那賀郡にかけて雷を伴った大雨が降った。特に海部郡の山間部では雷を伴って短時間... 続きを読む