明治42年8月の暴風雨

災害年月日
1909年08月00日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難し、郡内の漁民15人が死亡、53人が行方不明となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、352頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風雨 遭難 死者
NO.
愛媛9147

よく似た災害

明治42年の台風

明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難漂流し、郡内漁民15人が死亡、53人が行方不明というこの地方最... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、三瓶町では夜半2時頃より風雨が強くなり、出漁中の周木、長早、二及、垣生の漁船約15隻の安否が気づかわ... 続きを読む

明治42年の暴風

明治42年(1909)8月1日から2日にかけて暴風となったが、家屋や農作物に被害を与えることはなかった。その後、多少の波浪が続き、8月5日に幡南一帯の... 続きを読む

明治42年の暴風

明治42年(1909)8月、暴風により、高知県沿岸に出漁していた西・南宇和郡の漁船が転覆し、死者・行方不明53人となった。 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月6日6時、台風が宮崎の北方に上陸した。前日快晴の天気に恵まれて多くの漁船が出漁したが、台風による天気急変で多くの漁民が遭難し... 続きを読む