昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年05月14日
市町村
香川県東かがわ市(引田町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)5月13日の降雨の後、梅雨期間の雨量は極めて少なく、約60日間の干天が続いた。7月12日~13日に雨が降ったため、一斉に田植えをしたが、その後48日間干天が続き、さらに高温も続き、農作物への被害が著しくなった。県は8月30日より3日間、各市町村で雨乞い祈願を行うよう伝達した。引田町でも雨乞いの行事を行った。9月に入り58ミリの雨が降り、干ばつは解消されたが、稲作の被害は大きく、収穫皆無の田地もあった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
引田町史編さん委員会編「引田町史 自然・原始~近世・文化財」(引田町、1995年)、54頁及び61-62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 高温 雨乞い
NO.
香川910

よく似た災害

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)7月~9月、58日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治23年の干ばつ

明治23年(1890)7月~8月、60日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)6月~8月、70日間干天が続き、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

大正6年の干ばつ

大正6年(1917)6月~8月、干天が続き(空梅雨で、7月は降雨2日間)、、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治13年の干ばつ

明治13年(1880)6月は空梅雨、7月~9月は53日間干天が続き、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む