大正9年8月の土砂災害

災害年月日
1920年08月15日
市町村
愛媛県愛南町(西海町)
災害種類
土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風により、海岸地帯では各所ではがけ崩れが起こり、西外海村の麦ヶ浦では山は崩れ、川溝は土砂で埋もれた。内泊から青年団30人が加勢に来て土砂の取り除きに当たった。東外海村では大浜・岩水の田畑・家屋に甚大な被害を被った。特に大浜では大きな山津波となり、海岸近くの防風林である大松の辺りまで土砂が流失して深さ4mあまりも埋まり、3人の死者が出た。この災害を機に、多くの人たちが大浜から離れた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、356頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 がけ崩れ 山津波 大浜 死者
NO.
愛媛9156

よく似た災害

寛政元年の土砂災害

寛政元年(1789)4月17日、阿波地震により、福井村福原(現阿南市)で山や谷が崩れ、川の水が3日間濁り流れた。多くの川淵、土手、田地一面が割れた。ま... 続きを読む

平成11年9月の土砂災害

平成11年(1999)9月、台風16号による集中豪雨のため、重信川流域で崩壊、土石流が発生した。重信川近隣の総雨量は成就社で318ミリ、富郷で286ミ... 続きを読む

昭和51年の土砂災害

昭和51年(1976)、内海町東部の橘、福田、岩谷、吉田では土砂災害に見舞われた。4集落合計の被害は死者1人、重軽傷者10人、家屋の全壊32戸、半壊2... 続きを読む

平成10年の土砂災害

平成10年(1998)6月18日、安芸郡安田町の与床地区で地すべり性崩壊が発生した。斜面は安田川に面した東向き斜面であり、崩壊は標高160m付近から始... 続きを読む

平成10年4月の土砂災害

平成10年(1998)4月16日、国道439号の大平(東豊永小学校前)で高さ約60m、幅約50mにわたって崩壊した。土砂は道路を完全にふさぎ、道路下の... 続きを読む