大正12年7月の大雨

災害年月日
1923年07月11日
市町村
愛媛県重信川流域
災害種類
風水害  
概要
大正12年(1923)7月11日、大雨により、水害が発生。小野川、重信川出水、余土・市坪・石井堤防決壊。(国土交通省ホームページによる)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県教育委員会編「ふるさとのくらしと産業12 松前町」(愛媛県教育委員会、2018年)、61頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
大雨 水害 小野川 重信川 堤防決壊
NO.
愛媛9235

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月17日、暴風雨(台風)により、水害が発生。川内町北方、南方に沿う堤防決壊。(国土交通省ホームページによる) 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、暴風雨(台風)により、水害が発生。死者14人、家屋全壊53戸等被害多数。(国土交通省ホームページによる) 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、暴風雨(台風)により、水害が発生。湯山第二小学校流失、100余戸被害、橋流失多数。(国土交通省ホームページによる) 続きを読む

明治9年の暴風雨

明治9年(1876)9月13日、暴風雨により、水害が発生。家屋流出18戸。(国土交通省ホームページによる) 続きを読む

昭和20年の台風

昭和20年(1945)10月9日、暴風雨(台風)により、水害が発生。耕地流失埋没約720ha、浸水家屋約11,200戸。(国土交通省ホームページによる... 続きを読む