昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、前年11月より降雨が少なく、この年5月、6月に少雨、7月、8月に各1回少雨があっただけで、明治27年以来の大干ばつとなった。長尾町での被害は、作付面積450haに対して、植え付け不能田14ha、収穫皆無68ha、7割以上減収9.5ha、5割以上減収90ha、3割~5割減収45ha、3割未満減収52ha、1割未満減収80haで、桑、果樹の被害もこれに準じた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 下巻」(長尾町、1986年)、750頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1045

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、香川県の稲作の被害総面積は20,568町歩(うち収穫皆無3,033町歩、7割以上減収2,523町歩、5割以上減収1... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、香川県の稲作の被害総面積は20,568町歩(うち収穫皆無3,033町歩、7割以上減収2,523町歩、5割以上減収1... 続きを読む

昭和17年の台風

昭和17年(1942)9月20日~21日、暴風雨により、稲作の被害が5割以上減収1町歩、3割以上減収5町歩、2割以下減収70町歩に及び、蔬菜類も5町歩... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月13日まで約60日間干ばつが続き、この時の雨でやっと田植えができたという。その後また48日間干ばつが続き、合計1... 続きを読む

昭和16年8月の台風

昭和16年(1941)8月15日、暴風雨により、水稲の被害が2割以上減収45町歩、1割以下減収343町歩に及んだ。その他農作物の被害も相当な損害を被っ... 続きを読む