昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年07月27日
市町村
香川県東かがわ市(大内町)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月27日から9月7日まで、43日間に32.5ミリの降雨量で、なかでも8月は1.7ミリであった。県下の水稲作付面積35,778町歩のうち、被害田は約6割の20,177町、枯死田1,018町、畑作物を含めて570万円の損害であった。8月28日には、応急対策として県知事が善通寺師団司令部に200発の実弾発射を要請した。8月30日には、県が市町村に対して同日から3日間かがり火を焚いて一斉に雨乞い祈願を実施するよう示達した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大内町史編さん委員会編「大内町史 上巻」(大内町、1985年)、647頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 善通寺師団 実弾発射 雨乞い
NO.
香川1079

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつ。8月26日現在で、県下の干ばつによる被害田は20,177ha、枯死田1,081haに及び、各所で雨乞い祈願が行われた。8... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月から7月13日まで60日間照り続き、再び天気が固定して9月1日まで照ったため、農作物の被害が甚だしかった。(「香川県気象災害誌... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から60日間降雨なく、さらに7月13日の雨以後48日間雨がなく、108日間の日照りとなった。8月29日には県知事の要請に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月13日から7月12日まで61日間日照りが続き、13日には小雨が降ったものの、その後9月1日まで雨がなかった。県内の水稲作付面積... 続きを読む