明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年04月27日
市町村
香川県さぬき市(大川町)
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)4月26日小雨の後、9月7日まで135日間降雨らしきものがなく、用水が枯渇し、飲料水にも事欠き、各所で井戸掘りかんがいや土瓶での注水が行われたが、収穫皆無の多賀多く、百年来の大干ばつと言われた。(「大川郡誌」による)竹やぶまでが枯死し、ひやけ井戸といって水の出そうなところは手当たり次第に掘ってかんがいしたが、その甲斐もなかったようである。
Googleマップ
参考文献
大川町史編集委員会編「大川町史」(大川町、1978年)、692頁及び697頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ ひやけ井戸 土びん水
NO.
香川1085

よく似た災害

昭和39年の干ばつ

昭和39年(1964)7月22日より8月22日まで一滴の雨も降らず、7月~8月でわずか8.2ミリの雨しか降らず、水田、果樹のかんがい用水をはじめ、飲料... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、干ばつのため、8月下旬には県下のため池には貯水がなくなり、仁池も最後の配水について理事、水利監督などが協議し、上法と富熊のどち... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月27日から9月10日までの135日間に、長尾では7月~8月の33ミリの降雨があっただけで、雨らしい雨はなかった。このため、用... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、大干ばつに見舞われ、竹やぶまで枯死するという惨状となった。水の出そうな場所は手当たり次第に井戸を掘り、一滴の水も惜しみながら... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公園の泉水を... 続きを読む