明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年04月27日
市町村
香川県さぬき市(長尾町)
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)4月27日から9月10日までの135日間に、長尾では7月~8月の33ミリの降雨があっただけで、雨らしい雨はなかった。このため、用水が枯渇して飲料水にも不足し、各所に井戸が掘られたが追いつかず、土瓶で注水したが、収穫皆無の田が多く、百年来の大干ばつと言われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
長尾町史編集委員会編「改訂 長尾町史 下巻」(長尾町、1986年)、748頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 井戸掘り 土瓶水
NO.
香川1044

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む

昭和31年7月の干ばつ

昭和31年(1956)7月中旬から8月上旬にかけて、県下全般に水不足となり、飲料水にも不自由をする市町村も出た。特に嶺北山間では水田30町歩が枯死した... 続きを読む

平成6年の干ばつ

image

平成6年(1994)6月29日から11月14日までの139日間渇水となり、第1次から第8次に至る給水制限が実施された。早明浦ダムが完成以来初めて利水量... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月28日~10月26日、干ばつにより、農作物の被害だけでなく、飲料水も不足する状態になった。 続きを読む